タジマサービスとは

設立当初から一貫して田島ルーフィングとタッグを組み、内装施工業者として、
メーカーには得にくい情報とノウハウを提供してきました。

これからも、田島ルーフィングの優れた製品の性能を最大限に引き出すための施工ノウハウを提供し、
お客様の期待を超える施工を実現します。

 2019年に創業100周年を迎えた田島ルーフィングは、「防水材」「床材」「住宅建材」の三事業を柱とした老舗メーカーであり、数々の世の中にない新製品を開発し提供してきました。

 ところで、田島ルーフィングの製造・販売する製品は、エンドユーザーにとっては半製品です。優れた施工技術によってはじめてお客様が満足のゆく「田島品質」をお届けすることが出来ます。


 タジマサービスは、設立当初から、田島ルーフィングの開発・上市した床材の普及のための施工指導と工事請負を事業活動の柱にしてきました。

 また、田島ルーフィングは2006年に、デザインフィルムの製造を開始しました。試行錯誤の末、製品の生産と施工を分離するようになり、2013年からその施工の請負が当社の事業に加わりました。

 当社は、設立当初から一貫して田島ルーフィングとタッグを組み、床施工業者として、メーカーには得にくい情報とノウハウを提供してきました。

 これからも、田島ルーフィングの優れた製品の性能を最大限に引き出すための施工ノウハウを提供し、お客様の期待を超える施工を実現します。

ノウハウ

田島ルーフィング直営だからできる「情報収集力」

タジマサービスは、日本を代表する床材メーカー田島ルーフィング(株)の施工技術開発を目的として設立された会社。
田島ルーフィングが持つ商品情報と商品の性能を最大限引き出すための施工ノウハウで、お客さまの期待を超える施工を実現します。

施工技術

より良いものをいち早く創る、使う「商品力」

高品質な建材をいちはやくお客さまにお届けできるのも田島ルーフィング直営の強み。
ケーブル事故を無くし、施工コストを抑える先進の二重床「フロアベース-G」や "やさしい環境"を創出する木調腰壁材「シンセテックソフトⅡ」など、お客さまのニーズに応える新商品を用いて、お客さまにより良い環境をご提供します。


商品力

最新の施工技術で時代のニーズに応える「技術力」

「IT革命」によるOAフロアに求められる機能の変化など、時代の移り変わり に伴い、建築物にも"進化"が求められています。
タジマサービスは、最新の 施工技術で時代のニーズ、そしてお客さまのニーズに応えるべく、常に研究を重ねています。

情熱

そして、タジマサービスを支える力

お客様の笑顔のためにがんばる「情熱力」

どんなにノウハウがあっても、先進の商品を持っていても、技術が優れていても、建物に住み、建物で過ごす人たちのために、良いモノを作ろうという気持ちがなければ、良い工事は実現できません。
「お客さまの笑顔が見たい」この社員ひとりひとりの情熱が、タジマサービスの力です。

会社概要

商号 タジマサービス株式会社
設立 1988101
資本金 40百万円
代表者 代表取締役社長 江口 健
本社

東京都足立区小台1丁目31号 田島小台ビル2

TEL 03-3913-5883

FAX 03-3913-2863

従業員

社員 17

専属技能士 50

許認可

内装仕上工事業 東京都知事許可(般-23)第126956

防災表示者認定

裁断・施工・縫製業 E--30506

取引銀行

みずほ銀行 浅草支店

株主

田島ルーフィング株式会社(100%

主な仕入先

 

田島ルーフィング株式会社

主な取引先

田島ルーフィング株式会社代理店全店

関連会社

田島ホールディングス株式会社、田島ルーフィング株式会社
田島緑化工事株式会社、アイシーケイ株式会社

沿革

1988

1980年代後半、日本ではオフィスにOA機器が導入されるようになり、電気配線の処理が問題となっていた。
そこで、プラスチック床材の総合メーカーである株式会社タジマが、二重床システム「フロアベース」を開発・上市した。

この「フロアベース」の施工技術の指導・普及と工事請負を目的として、
タジマサービス株式会社が、内装仕上工事業の東京都知事許可を取得し、資本金10百万円にて設立した。

1990

 

 

一級建築士事務所を開設し、室内装飾材料を中心に快適な居住空間の創造を目指す。

1992

二重床システムの改良型普及品として「フロアベースG」を開発・上市した。

1998

癒しの環境の適材として木調腰壁材「シンセテック」を開発・上市した。

2000

独立支持脚方式の鋼製二重床である「フロアベースNK」を開発・上市した。

2002  配線施工に優位な「トレンチ付きフロアベースG」を開発・上市し、フロアベース商品群の充実を図った。
2003 環境にやさしい企業活動を目指して、メンテナンス付き「床レンタルシステム事業」を開始し、経営基盤の強化を目指した。
2006 木調腰壁材の普及版である「シンセテックソフトⅡ」を癒しの環境の適材として開発・上市した。
2011 資本金を40百万円に増資。
2012 本社を足立区小台に移転。
2013 田島ルーフィングが新たに展開したデザインフィルムの施工請負を開始。
2014 株式会社タジマと田島ルーフィング株式会社が経営統合したことに伴い、田島ルーフィング株式会社の100%子会社となった。
2015 営業所を足立区小台に移転。
2018 タジマサービス安全衛生協議会(略称:TS会)設立